• NO.219 音楽に対する好奇心を持ち続けている人

    NO.219 音楽に対する好奇心を持ち続けている人

    エルスールという東京の、日本の、世界のレコード屋さんの中でもかなりコアなワールドミュージック専門店の店主原田さんはMomentosには何回もお誘いしてるのですが、毎回自分のDJ中「これ何?」ってよく尋ねてきます。
    六本木WAVE時代から日本のレコード屋さんとしてもトップクラスの知識、情報量を持っていらっしゃる人だと思うのですが、少年の様な目で好奇心を持って自分の知らない音楽に興味を持ち続けているその姿勢にいつも感動しちゃっています。
    大抵の大人は自分のジャンルや立場などで相手を区別して変な対抗意識?で凝り固まって自分の意識拡張を自ら止めてしまい老いていく様な気がします。
    原田さんは公式的にはお子さんはいらっしゃらない様ですがw、もし金八先生の学校みたいな世界だったら僕の年齢くらいの子供がいた可能性はあるわけで、そ んな歳が離れた人間にも臆すること無く、良い音楽を教えて欲しい!と尋ねれる、その柔軟さは僕自体も常に持ち続けたいなと思っています。
    そこで今思い出したのがTheLoftのDavidMancuso。
    彼がいなかったらLarry LevanもFrankie knucklesもその後の現在世界を席巻するダンスミュージックの成功は違うものになっていたと思うのですが、そんな偉大なDavidと一緒に福岡のレ コード屋を二軒廻った時(2004年?)、チクロというレコード屋で取り置きしてたCutChemistのEditブレイクスを僕が店でかけてもらってい たら寄ってきて「Interesting…」と言ってきたのは忘れ難い思い出です。
    先述した原田さんしかり、還暦過ぎても!、音楽に対する好奇心を持ち続けている人って本当に素敵な大人だなって思うんです。


    そうPreciousHallのオーナー悟さんも、本人はDJを一切やらないのにいつも僕がプレイしてる時、「後でいまかけている曲教 えてね」って言ってくるのですが、その感じ、小学生や中学生の時、知らない音楽を教え合っていたあの感覚。。たまらんす。

    以上夜中のつぶやきでした。