NO.006 トリニダード等から久々に自宅に帰ってきました。

Apr 07, 2010

Colum 20090415PM0500

 

ほんとに久々に自宅に帰ってきました。
3/14の大阪でのPartyからひたすら移動をしてたような。
今回の山場はもちろんトリニダードトバコ!
初めてでいきなり録音。
いつものこと、と慣れるものではありません。

 

毎度の事ながら、ろくな情報は無く、その場でなにもかも判断しながら進み、
確実にMissionをこなさなければいけません。

かなり楽しい時も多々あるのですが、
何がおこるか分からないのが旅であり,人生です。

 

良い場所で,良い時間に、良い演奏者と,良い機材で
録音出来れば最高なのです。

もちろん予算が多額にあれば,
余裕でそれを行う事は可能かもしれません。
しかし!
重要なのは奇跡が起こる事なのです。個人的には。

金をかければ出来るような事はそれこそ,金さえあれば誰にでも出来る事なのです。

奇跡の瞬間は常に転がってる?とも言えますが、それを召還するのには経験や
テクニック、気合い等諸々必要なようです。

しかも独りでやる訳ではなく複数、もしくは大勢でやる場合はなおさら
難しくなるようです。

トリニダードと言えばステールパン。

まさしくそれを録音しにいったのですが、現地で体験した訳ではありませんが、
この島では100人規模のバンドが4組あるらしく,その下に50人編成のが20組、
その下の2−30人のクラスが50組近くあるらしく、まさしく集団演奏の
エキスパートのような国です。
ヤン冨田氏の本で読んだところによると80年代に340人超えのバンドが出場し!,
優勝したらしく、それ以降規制がかかり100人が限度になったようです。。。

 

自分の経験で言えばNXSで8人になった時点でコントロール?が
難しくなってしまったので、本当に尊敬してしまいます。
(もちろん彼らは340人でインプロをやってた訳ではありませんが、、)

今回は京都の仲間Softのレコーディングの一環だったので,今までとも違う行程でした。
そのSoftのPAエンジニアをやってるKNDも録音部隊として参加してくれて
男2人約一週間でしたが濃厚なSessionが出来たと思います。

発表は年末になると思うので
首を長くしてお待ち頂ければと思います。

 

ちなみに現地で生で体験は出来ませんでしたがSocaの進化ぶりにはビックリ、
驚愕でした!BPM100位から180超え!までメローなものからハイパーなものまで
多種多様。近所の?Jamaicaとの関係も密接らしくミュージシャン同士も
頻繁に交流してるらしいです。

千葉県の面積しかない島で1年間で約500曲のキラーチューンが製産されていて、
そのオリジナリティー、クオリティー共に注目せざる得ないものがありました。

日本に帰ってきてからAgeha,Seco,Warpと3週連続で東京でDJでしましたが、
最後のWarpで我慢出来ずに一曲かけてしまいました。
(mp3のデータしかなく、音は満足いくものではなかったので)
かなり濃いのが多いのですが、僕らが使えるようなのも中にはあります。
是非チェックしてもらいたいです。

 

今週末は福岡での初partyーAwakeでCalmがハイファイオーディオ機材を
しこたま持ってやってきます。
針一本で40万円オーバー!まだ僕には買えないっす。。
それらを筆頭に彼のこだわりの機材がどのような音を出すのか、本当に楽しみです。
まだまだ未体験ゾーンがあるというのは嬉しい事です。

引き続き旅は続きます。

 

m


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr