NO.009 Toshio Kajiwaraと誤解

Apr 07, 2010

20090609

 

先週末は今度リリースするMix CD Bing a.k.a.Toshio Kajiwara-MEZCLA DE MUERTE リリースPartyの為
東高円寺GrassrootsでDJしてきました。

当日はLiquid LiquidやTaico Club等のかぶりの多い対抗馬が重なってたにも関わらず大勢のお客さん,友達で賑わっていました。

 

この男Toshio Kajiwaraとは96年に自分がNYに単身訪れた時に
Dub Spotというレコ屋で邂逅し、それ以降親しくしています。

彼はRhythm FreaksのCrew Kaji君から僕のMix Tapeをもらっていたらしく、音から先に入っていたため話は早く、その数日後には家に泊まらせてもらったり,一緒にワールドトレードセンタービル!!に
登ったり、彼と大友良英、クリスチャンマークレイとのターンテーブルSessionを拝ましてもらったり(ちなみに競演はSilver Apples!)と
しょっぱなから濃厚な体験をさせてもらっています。

とにかくこの男の活動、行動、思考,思想は興味深く,一言で
紹介する事はまったく不可能なのでインタビューを試みようと思い、
そのPartyの1時間前に第一弾を敢行してきました。

まだ30分くらいしか録音してないのですが、すでに濃厚です。
このウェブでもアップしていきますので乞うご期待!

 

ちなみに金曜前日から東京には入ったのですが、この最近1年くらいになりますが,はまってるBar誤解に泊まらせてもらっていました。

その訳はレコーディングです!

今回本当はイラン人のネイ(笛)奏者シアさんの録音と
Breath Markことフタバさんの歌の録音が狙いでした。

シアさんとは時間の都合,機材の忘れ物!の為今回無理でしたが、
歌は敢行、成功いたしました!

フタバさんとは、この最近世話になりまくってるLittle TempoのToki君の紹介で初対面でいきなりの録音でしたが、やはり音で先に繋がっているので、まるで問題なく,素晴らしい仕事をしてくれました。

予想通りというか、僕の曲との相性もよく、前日に作詞した本当に過激かつ民謡的な曲もバッチリはまっていました。

今年出すアルバムに収録される予定です。お楽しみに。

 

余談というか,今回も録音場所として協力してくれた誤解というBarは素晴らしすぎて現在僕が知る限り東京で最も素晴らしい場所の一つだと思います。
プロモーションに積極的では無い?店長イっちゃんの狙いなのか、
まだ知らない人も多いと思いますが、こんな良い場所でなにかやらないのは阿呆だと思い、8/1に上記のToshio氏とPartyをやります。

この場所のとにかくセンスの良さには痺れます。
まず音の良さ(9つあるスピーカーから響く箱鳴り!)、酒のうまさ
(ヒルトンでバーテンとして3年修行!)、内装の渋さ(キャンドル、彫刻、花、、どれも、、、)これらの要素を醸し出す店長イっちゃんの音のセンス,思考のセンス、等等、、、

一般の人には教えたくない!この秘境に興味ある方は是非来てください。
詳細はまた告知します!

 

M

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr