NO.020 沖縄から戻り、、、

Apr 07, 2010

沖縄から無事帰りました。
やはり戦争、国家、法律、利権等、いわゆる沖縄の表面的なリゾートとしての イメージ(青空、楽園,観光、グルメ等?)とは大分違う濃いツアーでした。
もちろん重いところばかりではなく、興味深い建設的な事も見てきました。
例えば沖縄産のコーヒーがあるのを知りませんでしたが、ヘリポート建設現場近く にあるヒロコーヒーファームという所で飲んだコーヒーは格別でした。
今まで国産のコーヒーを出しているところも知りませんでしたし、 飲んだ事もありませんでした。
以前書いた『おいしいコーヒーの真実』という映画を紹介しましたが、 これは嬉しい話ですね。
創っているのは大阪から来た人達ですが、嬉しい国産品です。
コーヒーは赤道の付近でしか育てれませんが、何の縁かレコーディングに行った ところは、何処もコーヒーのメッカで。。
あと東京から引っ越して来た、これも以前紹介した自然農法を実践してる夫婦の ところに行き、自分らの畑でもちろん農薬無しで創った玄米を分けてもらったり、 Nu-Dohことアリトが地域復興を目指して取り組む与那原の商店街を見せてもらったり、 今までで一番うまい沖縄そばを食わしてもらったり、、と明るいものも見れました。
基本沖縄の料理は大好きなのですが、今回気になったのはスパムです。
前回あまりにも飲まされた上で、明け方ゴーヤチャンプルを食いに行き、 途端に吐いてしまったのは、これのせいだと確信しました。(言い訳?)
スパムはかなり家庭の必需品らしいですが、産地はデンマークとアメリカ、オランダ等で、 もちろん、ものすごい添加物が山盛りで入ってるものです。
自分も若い時は気にならなかったのですが(といっても食べるのは沖縄でくらい) 最近年を取ったのか、体の中がピュアになって来たのか。。
食べると途端に吐き気を催します。
スパムが好きな人、沖縄の”戦後”の文化を愛している人には 気分の悪い話かもしれませんが、、
沖縄の長寿伝説が崩れ去った原因はここにもあると思います。
食肉文化全体を否定するつもりは無いですが、まともな食事は生きていく上で 相当重要な事だと思います。
せめて国産のスパムを創るとか。。
また、Sinkichi邸で朝方から曲創りを始め、翌日馬頭琴 モリンホール 奏者の末留カオリさんを呼び、演奏もしてもらい相変わらずの 突発的な録音も行いました。
Sinkichiとはかれこれ13-4年の付き合いなのですが、こうやって 2人で曲を創るのは始めてで、なかなかスリリングな時間でした。
まだまとめるのには時間がかかるかもしれませんが、予想通り? 浮遊感のあるDeepな曲になりそうです。
最終日の音洞でのPartyも平日なのに5時過ぎまでやらせてもらい、 良いpartyが出来ました。
あらためて沖縄の皆さんありがとうございます。
出来たらまた来年春にでも訪れて、いろいろと参加出来たらと思います。
来週からは東北です。

PS

my spaceで新曲upしました。
かなりアジア魂炸裂です。
是非視聴してみてください。




 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr