NO.025 大阪から戻りました。2009

Apr 07, 2010

20091208

大阪から戻りました。

アメ村付近のクラブの多さは凄いですね。 細かいBarクラブみたいのを含めたら 50件くらいあるのでは? 街を歩いてるといろいろなビートが聴こえてきます。

僕のアメリカ人の友達も大阪が気に入ってました。 人も街も個性的で面白いようです。

確かに初めて大阪に行ったのは修学旅行でしたが、 ギラギラしてるというか人も街も色使いが多いというか、派手!

ある意味アフリカ的な目立とう精神が露骨というか、、

なのでHiphop,Reggae(ダンスホール)のノリに シンパシーバリバリなのでしょう、、

DJ3000RMXリリースイベントも割と派手な感じでした。

自分は体調が芳しくなかったので、ベストとは言えませんでしたが テンションアゲアゲなノリから自分のグルーブに持っていってからは 良い感じでもっていけたかなと思います。 アゲアゲノリノリ、、イケイケウフォウフォ!

ん〜、たまには良いです。

大阪のバンドでSOBというバンドの追っかけ並みにファンでしたが、 ボーカルのTottsanが自殺したのを聞いた時はショックでした。

基本大阪の人はアッパーで悩み等等無く,常にハイテンション!という 高校生の時のイメージが崩されたのもありました。

やはり常にそんな人がいる訳でもなく、良くも悪くも吉本興業の お笑いノリが一般にも感染し、そのノリがイケてる、 みたいな風潮が何処かにあるような、、

今は少し改善されましたが去年くらいまでは日本第二の都市である 大阪のゴミ事情は黒いビニール袋に魚の骨も電池もペットボトルも 全て一緒に一般家庭でも店でも工場でも捨てられてたのを 知っていますか?

これを知った時もショックでしたね。横の県の京都では 京都議定書とか言って海外の先進国(?)が集まっていろいろ 討論してるのに、、、

大阪のすべてを笑いに持ち込むというのはある意味憧れますし、 尊敬もしてます。ただそれだけだと一人間としては 健全ではないのでしょう、、

大阪の女、大阪ベイブルース、憂歌団等等そういう 哀愁の大阪も好きですね。

また先日9.11の時に絡んだ池上宗典から紹介された 大阪の老舗割烹料理屋の人達等意識も高く、 強い人達も多いのは、また最近気づくところです。

Newtone,Marginal,Compfunk等 がんばってる仲間のレコード屋さんも多いです。

景気が悪い時ほど面白い文化が育つというのは定説です。 一時の景気の良さから来るお金よりも 面白い文化を創っていきましょう。

PS

下記は沖縄から友人の比嘉美由紀さんからです。 辺野古基地の国境?沿いの写真です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr