NO.028 新暦新年2010

Apr 07, 2010

20100105

明けましておめでとうございます

年末は30日の三重四日市から東京代官山UNIT
そして朝方シークレットで原宿BonoboでDJを連発し、
そのまま元旦朝に新幹線に飛び込み福岡に戻りました。

四日市は初めて訪れたのですが、やはり予想通りというか、、
過疎化は進んでいるらしく、工業地帯としての宿命なのか、
やはり寂れた印象は拭えませんでした。
これは何度も訪れている山口宇部等も同じですが,
60年代から70年代に発展としてのピークを迎え、四日市等は
有名な四日市ぜんそくを筆頭に企業が利潤優先にした結果が
公害として問題となり、それらの修復,訴訟等も含め弱体化し、
その土地自体を汚すだけ汚し、そのまま人がいなくなり、
過疎化、そしてゴーストタウン化、、産業としては違いますが
北海道の夕張と同じ現象でしょうか。。
数年前の名古屋万博くらいまではTOYOTAの景気の良さに便乗し
東海地方の全般的な産業は栄え(クラブも凄い人でした、、)、
ブラジル人を筆頭に南米系の人も数多く,労働者として
滞在していたようです(夜はクラブに行って踊る人多数)。
今回やらせてもらったSubwayBarの場所も元々は日系ブラジル人の

所有してた箱らしく、その当時はかなり面白かったようです。

やはり近年の不景気(?)により、残念ながら
(よく踊る)南米系の人はいませんでしたが、
ヨーロッパ系、インド系の人も混ざり合い、
箱的には良い感じに盛り上がり盛況のようでした。
オーガナイズのAttame君も近郊の地域で僕がplayする際は
必ずと言っていいほど駆けつけ、フライヤーを配り、交流を図ってたのか、
良い意味で四日市だけでない人達も多く駆けつけてくれたように思います。
最後までいいムードが続くナイスPartyでした。
Attme君、ゴリ君、SE-1ちゃん、Yanoくん(Decibel)
他Wiild Pitchの皆さんありがとうございました。

終わって、起きてから、(大好きな)赤みそをすすり、東京に向かい、
年越し蕎麦を喰らい、UNITへ。
そこでリハーサルをやってたTikimanは、やはりNice Vibeなラスタでした。
彼は17年前くらいにドミニカ共和国からベルリンに移住し、現在は
16になる娘もいるらしく、現在在住のベルリンはお気に入りのようでした。

先月一緒だった大阪Triangleで一緒だったLutzenkirchen
(Greatstuff Records/Germany)もベルリンでは無いのですが、
ドイツ出身ドイツ在住で自分の国を素晴らしいと言っていたので、
まだ行ってないドイツ気になります。。

根本的に自分の国を素晴らしいところだと言える事自体、素晴らしいですが、
先日のオーストリア、ウィーンも含め教育制度が素晴らしいのはヨーロッパの
良いところだと思います。

具体的には公立の大学院まで無償で行けるらしく!
それを国が奨励していると聞きました。
Knowledge is Powerとは言われますが、まさしく知識は武器には
なるので(内容によりますが)、それはヨーロッパ人国際的な訳です。。

話を戻し、Tikimanは僕がViennaで録音したRas Tweedとも友人らしく、
またMIXをしてくれたStereotypとも一緒に曲を創っていたりと、
共通の友人も多く、やたら親近感を増してしまいました。
もちろん彼の声は大好きなので、歌ってもらいたいなーと密かに思っています。。

UNITは全般通して,渋い音がかかってました。11時にはもう満杯で
東京の夜満喫でした。途中Life Forceに拉致され、挨拶廻りをし、朝方
シークレットで頼まれていた原宿Bonoboに着くなり、1時間半生音中心で
DJをし、前述の通り、(ヘロヘロな状態で)新幹線に飛び込み
博多まで沈没していました。。
Bonobo火事からの復活おめでとうございます!
ともかく
心地の良い疲労感で新年を迎えた感じです。

根本的なグレゴリオ暦の暦には常に疑問感を持ちますが、
正月は大抵気持ちのいいものです。

ところで年末のドタバタの中,このウェブのTOPにも常にLinkを貼っている
ペシャワール会Tokijiku夫妻と募金をしに福岡の大名にある事務所に
行ってきました。(ここの内容はウェブ等を参照してもらい,
説明は割愛させてもらいますが、
リーダーの中村哲医師は僕が日本人で最も尊敬する人です。)

この募金は福岡Kieth Flackでやらせてもらったいる自分のParty-Crosspoint
おいて、募金箱を作り、集めたお金でした。
1年弱で15000円という決して多くはない額でしたが、それでも現地の
物価から言うと,決して無駄な額ではないと信じています。
それらを募金してくれた人にも感謝したいと思います。

そこの事務所で観させて頂いた貴重な映像や中村医師のお話は、やはり
背筋が伸びる思いでした。
2008年に現地アフガニスタン、パキスタン国境付近で拉致され

殺害された伊藤和也さんの没後(彼が殺された経緯もDeepな内容なので機会があればここでも書けたらと思っています)に制作された写真集を前から欲しかったので購入させてもらいましたが、素晴らしい内容でした。言葉ではうまく説明出来ない内容なので機会があれば是非ご覧になってください。


あと年末東京滞在時にCromagnonのベースのツヨシ君のかみさん有坂美香さんのライブ(良かった)を六本木ヒルズで観たのですが、その時お土産コーナーで買った宮沢賢治の銀河鉄道の夜は素晴らしかったのでこれも機会があれば是非チェックを。。久々に読んだこの人の文章凄すぎ、、

絵も独創的かつ内容にマッチしてて参考になりました。

ともかく本年も宜しくお願いします。





 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr