NO.034 タイー大阪ー京都ー東京 2010

Apr 07, 2010

201000312


久々の更新です。

このウェブを手伝ってくれているQotaroo
タイに旅行してたので遅れてしまいました。
怒ってるわけでも!、人のせいにしてるわけでもなく、、
ただ、コラムのようなエッセイのようなものは、
一度書いた時にすぐにアップ出来ないと
気分が変わってしまうというか、
状況が変わってしまうというか、、

そこらへん
最近はTwitterの普及が凄そうですね。
芸能人だけでなく、政治家からダライラマまで
メディアに登場する人はほとんどやっているのでは
ないでしょうか。。
もちろん一般の学生や社会人の人達も
自分らのコミュニティー内で楽しんでいる様です。

僕はTwitterをChida君から勧められて、最初は
渋々?やり始めたのですが、
先日起こったハイチでの地震で被害者の住民達の中で
携帯でTwitterを使い、被害状況を伝え合って、
それによって大分助かった人も多いと聞いた時に
このアプリケーションに肯定的になり、今はなるべく
つぶやくようにしています。。
自分の周りでは
話題は宇川君のDommuneになっていますね。
やはりスピード感が重要なのでしょう。
宇川君から久々に電話があり、誘われましたが、
残念ながらタイミング合わず参戦出来ませんでしたが、
早いうちに出場するでしょう。。
ちなみに宇川君にはサンフランシスコでの生活を
奥さんのJennaちゃん伝いでサポートしてもらっているので、
いつでも恩義を感じています。。。
滅茶苦茶そうな人ですが、凄く熱くて良い人です。
僕の中では。。

ちなみに、
最近自分の周りでタイに行く人が多いです。
ライヴやDJなど、もう既にただの旅行では無く、
遠征になっているようです。

自分がタイに行ったのは、もう10年以上前で
自分の稼いだ金で最初に訪れた国がタイでした。
着いていきなりの大雨で街中が河みたいになり、
膝上くらいまで道が雨で氾濫。。
タイの人達は当たり前のように家から
ボートを出して来て外出?してました。
ボートを持ってないので、、
サンダル、短パンで街を歩いていると
なんと、向こうから象が人を乗せて歩いてるのを
見て、世界は広いと着いた日に思い知らされました。
カオサン通り等懐かしい思い出が結構ありますが、
最近の政治闘争等いろいろあって変わったのでしょうか?
一応?仏教国なのですが、倫理感はかなり
アナーキーな印象がありました。
東洋のアムステルダムというか。。
でも不思議と漂うマイペンライ感
(大丈夫、どうにかなるよ)
が全体的にあるので悲壮感は感じませんでした。

ただパタヤというところで白人の太ったオヤジが
タイ人の7−8歳の少年を二人連れて歩いているのを
見たときは激しく気分が悪くなりましたが、、
(少年、少女の売春、人身、臓器売買も盛ん、、)


ひとまず先月末にあった事からルポします。
(これが先々週書いていたもの。。)

福岡から大阪に移住した男Himerのイベントで
誘ってもらったSound ChannelでのParty。
SCクルー、OneMo’Gigsクルーありがとう、おつかれさま。
個性的なメンツで楽しめました。
大阪で初めて寿司も食べれたのも嬉しかった、、
ちょっと江戸前と違うし、知らないネタも結構ありましたね。
うーん他の地方のも食べてみたい。。
で、
そのまま寝ないでDJ PODに連れられ、京都に到着。
少し仮眠を取り、今度はKNDに連れられ初めてのMeditationに。。
このお店は以前は土曜日だけ開けて、それ以外は通販という
状況だったので、前から行きたかったのですが、行けませんでした。
今は毎日?お店は開いていて、しかも3−4ヶ月に一度はインド
買い付け!に行ってるという事で、店に入るとインドの匂い!
こっちでは観たことも無いブツが山積みで興奮してしまいました。、
いつもブートでかけていたり、データだけは持っている謎な曲が
なんとアナログであって、なかなかのお値段でしたが
引き下がる事は出来ませんでした。。
時間が無くて、すべては観れませんでしたが、
やはり相当ナイスな店でした。また絶対来たいところですね。


その後はまたもや秘密クラブ?バタラムでKNDとYangBoと
Soft meets Panのホーンセクションのアレンジを編集。
地味な作業ではありますが、YangBoのアレンジが素晴らしく、
がんばって追いつめてきました。

昼近くまでやって、昼に起き、、そのまま神戸在住のYujiさん
from Amadoo のタブラのビデオ撮影を敢行。
これもGrace feat Shing02のPV用です。


SoftのベーシストUkonの経営している超ナイスなCafe Mole
行くと彼の自宅にある秘密基地?で撮影をさせてくれました。
彼は植物マニア?でほんとセンスの良い空間を創っています。
そのままバスで伊丹空港まで急ぎ、なんとか福岡行きの便に
乗れボロボロになって家に到着。久々に熟睡。

諸々の録音しまくった音源の編集をひたすらやりつつ、
確定申告等も。。

そして3/6は急遽決まったEleven、元Yellowでした。
競演もEchospaceとKazumaというナイスなメンツなので
相当楽しみでした。
ともかく久々の友人との再会のような気分で
Yellowもとい、eleven前に到着。
ひとまず外観は昔のまま。。。
エレベーターで地下に降りると、、
やはり色々変わっていました。下記に写真載せましたが、
久々の友人はやはり少し変わっていました、、

でもやっぱりYellowでした。
なによりスタッフが半分以上戻って?いるので
親近感がアリ過ぎです。みんなに笑顔で再会出来たのが
何とも嬉しい瞬間です。

90年代は特にManiac Love,Liquid Room,
そしてYellowでクラブMusicを堪能した人が多いと思いますが、
DJとしてもYellowは世界に誇る音楽聖地でした。
やはりDJとして集中出来るし、ダンサーとしても
音に集中出来る数少ない場所だったので、復活は本当に
喜ばしい事です。是非皆さんも足を運んで踊りまくってください。
今回の内容は急遽ながらもなかなかの良いPartyでした。
とにかくYellow,,ではなくelevenおめでとう!これからも宜しく!


次は来週Cro-Magnonを迎え、現在のホーム福岡での
Crosspointです!フロアで会いましょう!



m








Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr