NO.037  江戸にて

Apr 25, 2010

No.37

20100425

先週末はAmate RaxiでのParty前までに、新しく購入したMixerで
シングルの曲を仕上げるのに、てんてこ舞いでした。
いざ東京に着いて、ファイルを開くとモノラルファイルだったりして、
おっちょこちょいぷりは永遠になおらない様です。。
気を取り直してKaoru Inoueの後をDJし始めると、なんだか
お祭り騒ぎになって来て、飲めや歌えやの大騒ぎ、某オーガナイザーの
友人には,何故か、、こてんぱんに殴られっぱなしでした。。
盛り上げたのに、、、
女性上位時代を通り越して女性支配時代の、ある意味未来の
Amate Raxiから男の園?秘境Bar誤解に尺八吹きのKenji Ikegami
朝7時過ぎに逃避。
男同士の朝日を浴びてのカクテルPartyは、その場で撃沈する事で終了。
気づくと昼なので店長のイシイ先輩と蕎麦を喰らいに
わざわざ神田まで。。物好きもほどほどに。。
割と歩いたおかげで老舗やぶそばに到着。もちろん年齢層高め。
ここは、かの有名な東京大空襲で、こてんぱんに米軍に焼け野原にされた
地帯なのに、何故か!?爆弾が当たらなかった、由緒正しき
ラッキー蕎麦屋さんだったのです。
もちろん日本酒、、石井先輩に従い熱燗で。。
食べ盛りの僕には少々品が良過ぎる量でついついそば屋にしては
大金叩いてしまいました。。石井先輩から日本酒呑みながら
ちびちびやるごぼう入りの味噌をプレゼントされ、上機嫌で
江戸を徘徊。相変わらずお茶の水、神田、神保町、、地味です。。

江戸時代にタイムトリップしたいと、しきりに話す先輩と
レコードをディグったり、ゲーセンに行ってギャラガを
20年以上ぶりにしたり、囲碁将棋の古本しか置いてない古本屋に
紛れ込んだり、ダラダラと過ごすと一日が終わっていました。
僕がしょっていたリュックは,先輩が推測するに
『20キロ超えてるねー』と軽く言われた途端、急に
重く感じてきて、目黒のステイ先までエジプトのピラミッドを
造る為にコキつかわれた奴隷の気分で退散。撃沈しました。
次の日は念願のアフリカはセネガル出身16年間日本滞在の
スーパーパーカッショニストLatyr Syとのレコーディングの為
吉祥寺に向かい、富士そばをかっ喰らってからCheekys
到着。Warpからマイク等機材を借り,無事終了。
ラティール凄い男です。7カ国語を操れるそう。
日本に来てから世界中を太鼓を叩いて廻ってるそう。
そんな録音後の余韻を楽しみつつ。。
吉祥寺。。相変わらず東京の中の田舎。温かいです。。
Jahtome、Jimboもありがとう。

そして話題のDommune行ってきました。
宇川先輩に誘われれば断る事は出来ません。。
なにせうちの長男は米国San Franciscoにわざわざ
産みに行ったのですが、 (僕が産んだわけではないですが)
その時宇川君の奥様Jennaちゃんには大変お世話になりました。
余談ですが、その後元赤痢(バンド!病名ではなく)のミユちゃん、
そして野沢直子夫妻にもお世話になりました。。
ということで到着して早速お久しぶりのエガイツさんと
初対面の石田さんとのトーク。ジャマイカというテーマだと
宇川君から聞いていたので、絶対ラスタの集会の事は話そうと思って
意気込んでBad BrainsのTシャツを着てトークに臨んだのに、
なんだか80年代の昔話になっていて、入り込めず、、
宇川君も痺れを切らして、終了20分前に突入。
そこでの会話の中で出て来たトリニダードでの録音話。

知るひとぞ知るトリニダードの至宝 Earl Brooksとの
録音模様を引っ張りだしてきました。ビデオテープから。。
そのDommuneでも触れた例の『上を向いて歩こう』の
シーンです。

この時の状況は、、
Yoichi Watanabeというトリニ在住のエンジニアの方を介して
彼に録音の話をしてもらったのですが、とりあえずギャラは
20万くらいと言われ、、そんなの無理!
とヨウイチさんに伝えたのですが、
まー会ってみようと,説得され、お互いに気分悪く?ご対面。
故意ではありませんが、僕はその会う時間に遅刻した上、
いきなりあいさつもそこそこで、、
『っていうか、あんた達もアフリカから奴隷として連れてこられて
大変だったかもしれないけど、うちの国も第二次大戦で焼け野原にされて、
なにも無い状況から俺らのじいちゃんやばあちゃんが,がんばって働いて、
親父やおふくろもがんばって働いて,今の日本の経済状況があるわけで、
最初から金持ちじゃないんだからね!』と偉そうに。。
続けて。
『俺はカリブのリゾートのご気楽な音を録音しに来たんじゃなくて、
セロニアスモンク(伝説的なジャズピアニスト)のような
内なる宇宙を、、、より抽象的で、、、』
なんて言ってるそばから、彼はもうチューニングを始めだし、、
そこから奏でられる音に感動しながら、興奮した僕は
『今の日本は年間3万人近くが自殺してる、ある意味ちょっとした
紛争地帯みたいな物なんだ、、』と
言おうとした瞬間。

http://www.youtube.com/watch?v=pfVcNsOt-rQ

今聴いても胸が熱くなります。
というかぶっちゃけこの時男泣きしてました。。
今観るとBrooksも泣いてる?
もう何も言う事はありませんでした。

音楽です。

ともかく今日はここまで。。

m

PS
いつもお世話になってるSapphire,Jellちゃんに感謝。

今日昼間っからTwittしまくってたネタは
中村とうよう著『大衆音楽の真実』からです。
あしからず。。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr