NO.059  牢屋の中と外

Jul 22, 2011

映画

グアンタナモ観て頂けたでしょうか?

酷いですね〜

こんなに酷い事されても、
自分を信じて、どうにか社会に出れた後、
彼らはより、自分の宗教であるイスラム教を、
信じる様になったそうです。

私も2月に訪れたセネガルトルコモロッコ
3国すべてがイスラム教だったので、かなり興味津々です。
なによりコーランは美しいですよね。

心が洗われると言うか。。

こんな美しい音楽を聴いている人達が、
銃を乱射して学校で暴れたり、
秘書に手を出したり、人の会社を乗っ取ったり、
募金と言いながらそれを
着服する様な酷い事をするのでしょうか?

ちなみにイスラム教では『利子』を取る事を禁止しています。

日本も金融会社が幅を利かせる様になってから、
おかしくなったようですね。。

最近ドルが金と交換出来なくなったという話がありますが、
いったいお金とは何なのか、
真剣に考えなければいけない時期に来てるようですね。

それは巷で出回ってる、
『これを読めば株で儲けれる!』とか
『お金を上手に増やす方法』とか、そんな類いのものではなく、
誰がお金という、もっと言えば、『札』を創っているのか、
という事です。

Money As Debt(日本語字幕版)
知られざるお金の仕組みと、その問題点を丁寧に教えてくれます。

連邦準備制度 Federal Reserve System, FRS
アメリカ合衆国の中央銀行制度を司る企業体

中国の銀行の動き


そういえば
留置所では何故か、産經新聞しか読めませんでした。
あまり自分から読む社ではありませんでしたが、
なにせ情報に飢えているので、細かく読みました。

今まであまり気にしてませんでしたが、この会社は
自民党『命』なんですね。

論調としては、ひたすら管おろし、、、
そして、すべての震災後の政策ミスと
原発事故の責任は民主党にあると。。。

この数年しか任されていない党に、
すべての責任をなすり付ける。。
大人、というか老人達の心理が理解しずらい。
というかエゲつない。。

そして櫻井よしこを掲げて、
核武装論
を明らかに押していますね。

露骨に中国を敵視して、
』に対して、敵意をむき出しにしています。

自分では『』のつもりはありませんが、、
どうもこういう論調は生まれた時からなじめません。

あるブログの執筆者が核武装論者らしく、
その人の記事のひとつのタイトルが
人類が繁栄する為には、
他の種族がある程度絶滅するのもしょうがない

と書かれていました。

これは
自分が繁栄する為には、他の人が死んでも構わない
という論調にそのまま置き換えれるのではないかと。

確かに、我々生命体は、
何かしらの生命を摂取しないと生きて行けない訳ですが、
それにしても、そこまで露骨に言われると、
根本的なセンスの違いと言うか。。

ヒッピーのつもりもありませんが、
そもそも国という概念で、その人の
資質や思考を知る由もなく、
その国境が1メートルずれたら、『外人』なんて
冗談にしか思えないのですが、、

肌の色でさえ、一枚皮を剥がせば、
筋肉と骨と内蔵、血管などの構造は全く一緒です。

同じ『国籍』でも、殺してやりたいくらい憎い人もいますし、
違う国籍でも、言葉が通じなくても、
初めて会ったのに、抱きしめたくなる様な人も”多く”います。

日本人が凄い、とか頭が良いとか、
性格が悪いとか、顔が不細工だとか、
1億人以上いる日本人をすべて言い切れる訳も無い様に、
中国の人もアフリカ、セネガルの人もアメリカの人も、
白人もモンゴロイドも、まとめて、言い切れる訳が無いのではないでしょうか?

職業で人も判断出来ません。
魚屋はすべてガラ声ではありませんし、

農民はすべて自然を愛する人ではないでしょうし、
保険屋はすべてズル賢い訳では無く、

医者はすべての患者に愛がある訳でもなく、
警察も一緒です。

私は5.11の渋谷でのデモで機動隊の人と長く話し、
彼の心を感じ、
深い共有感を感じました。
(ある意味、音楽関係者よりもよっぽど、、)

今回の逮捕の中でも、
数は少ないですが、なにかしら『人間性』を感じる
機会があったので、それは有意義な体験になりました。

例えば
取り調べの刑事が
CDは600枚くらいは持っていて、音楽は好きだと。
そのなかでも
『ゴスペル以前の音楽、あれってなんていう名前だっけ??』
と聞かれ
スピリチュアルですか?』
『そうそう、あれを聴こうと思っても、3曲目くらいで泣けてきて
聴けなくなるんだよな。なんか言葉も分からないのに、悲しみが
伝わってきてしまうと言うか。。』

その彼の言葉を信じたいと思いますし、実際青森弘前で私が聴いたねぷたの音は
本当に説明も無く、音だけで涙を流させました。

今現状に至るまでに、どれだけ青森という土地が、気候的にも土壌的にも、
民族的にも、社会的にも酷くつらい状況だったかを、多少なりとも
情報で知っていたので、それを、そのアメリカの奴隷達のつらさを
共感出来るのは、ある意味当然なんだと思います。

下記
少しその言っていた音と違いますが、、





私にも『染みます』言葉では無く、、

苦労をした人間にしか、つらく、悲しい体験をした人間にしか
そういう人達の心を理解出来ないのではないでしょうか。

その人個人の歴史に無くても、私たちには脈々と先祖からの記憶が備わっています。
それはたとえ小学生くらいの年の子供でも、備わっているのです。
だから本や映画を見て、泣けるのです。生前からの記憶がそうさせているのです。

今の時代に限らず、前々から言われている様に、
不条理な世界はおそらくずっと続いていて、
別に今が特別過酷だとは思いません。

むしろ
今が一番素晴らしい時だと思いたいと、思います。

自分の考えとしては、キューバの様に若い(植民地として)国の様に
革命が起こしづらいこの国では、旧いシステムを、
古い日本家屋をリフォームする様に
システムをReFormするのが良いのでは、と思います。

ちなみに私は政治家になるつもりも、評論家になるつもりも、活動家になるつもりも
全くありませんが、この世界に生まれてしまった上で、無視が出来ないというタチで、
しょうがなく、考えているだけです。

下記の様な事は、考えなくてすむなら、知らなくてすむのなら、
とても嬉しいですし、限られたあと数十年の命を、自分の本当に興味ある事に
全力投球したいと、切に願い、思います。

日本の原子力関係の中枢構造

原発を稼働する電力9社 国民政治協会への献金リスト


数字で見る電力会社10社の徹底比較 

世界の原子力発電市場と産業界再編の展望
必見です。表向きの戦略図。

本州最北端 核の大地を往く 青森六ヶ所村




大失言!【原発儲かる】原子力安全委員長 
2005年班目‬

原発は全廃できる!切り札は新火力発電だ!

世界は、今までどの様に形成されたのか、
これからどうしていくべきなのかを、世界中の人達が真剣に考えています。
皆が皆、奴隷では無く、征服者では無いのですから。

zeitgeist(時代精神) 日本語字幕 1/15

歴史は常に勝者が作ります。
歴史好きの自分でも2年前まで、こんな言葉知りませんでした。

奥羽越列藩同盟

今もこの政府の中枢は薩摩藩と長州藩の土台にある様です。

警視総監は脈々と薩摩、鹿児島の人間が続いているようですし、
内閣には常に長州藩の息はかかっているようです。

たった180年前ですから by KAT(會津

今回公安が動いたのかどうか、分かりませんが、
ステッカーを貼ったという行為で、ここまでの処置をするのには
なにかしらの『お達し』があったものと考えられるそうです。
弁護士、ジャーナリストの人いわく。。

国策として進められてきた原発産業はどれくらい
重要で、恩恵を受けてきたのか。

もちろん先述した核武装論も当然関係あるので、
対外的にも対内的にも重要なのは間違いありません。

人生において何が重要かは人それぞれですが、
少なくとも3.11の時、私は末期がんの老人と一緒にいましたが、
彼には、原発が爆発しようが、核戦争が起ころうが、さして
興味のある話題では無かったようです。。

ちなみに

今回訪れた六ヶ所村でハーブ園を営む菊川さんのところで
インタビューを撮らせてもらう、というのが主要な目的だったのですが、
『この村で菊川さん以外に公に再処理施設等の反対を言っている人は
どれくらいいらっしゃるのですか?』
という質問に

『私を入れて5人くらいでしょうか。。。。』

と。。。

ショックでした。その時もショックでしたが、
留置所で警官から聴いたところによると
現在選挙権を持っている住民は約1万人。
日雇い等の定住してない人も含めると約3万人も
六ヶ所『村』にいる事を知りました。

という事は

30000分の5

しか反対をしてる人がいないようです。。。

また担当刑事が以前再処理施設に2回入った話を聞きましたが、
施設内での現場検証で内部に入った際、普通の防護服の上に
宇宙服の様なものを着させられ、汗だくで現場検証をしたらしいです。
持ち込んだノートやペンも出る時にはガイガーカウンター?で放射線量を
チェックしたとの事。

別にそこで事故が起こった訳でもなく、ただそこで作業員が怪我かなにかを
して保険の為の現場検証と、作業員の中で窃盗をした者がいて!、その人が
その施設内で仲間に供述したのの、現場検証で訪れただけらしいのです。。。

ただ施設内に入るだけで、宇宙服の様な服を着なければいけないような施設が
福島の様になったら、、、
想像しただけで恐ろしいですね。

その刑事も
『あそこで”何か”あったら、俺等は終わりだね。』
と言い切っていました。。

ともかく青森の人がどれだけ行政や企業から高待遇を受けようが、
もしそんなものが、爆発等しようものなら
北半球がすべて住めなくなると言われています。

つまり地球の半分が立ち入り禁止区域になるという事です。

ただ今回の様に2ヶ月もメルトダウンをしていた事を
隠蔽するような政府が、そんな事態が起こった時
どう対応してくれるのか。。。

また書きます。

PS

夜のお供に
MONO FONTANA‬


野辺地署

Tony Williams – Beyond Games http://youtu.be/xPj14mRN6B0

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr