NO.071  水

Mar 17, 2012

NO.071昨晩から下北沢の横、
池ノ上で家族で料理屋さんを営むDJ友達である
DAIと山梨まで水を汲みに行ってきました。彼は3.11以降お店でお客さんに出す水を安全な物でなくてはいけないという
熱い心意気で調べ(放射線量が低いところ)、
毎週金曜日に独りで車で1時間半近くかけて
水を一週間分(ポリタンク4個、ペットボトル50本近く)
を汲みに行っているのです。。この1年間休まず、、、
泣けます。。。放射能をまき散らし、責任もまともに取らず、
なお再稼働をしようとし、
しまいには俺ら金使ってるんだからお前らの金をよこせと
電気料金を値上げする企業とは大違いと言うか、、、
真逆です。ともかく今回彼の週一の仕事に初めて同行し、様々な事に思いを馳せたので
珍しく早めの投稿をします。まず
水‬僕らが生きて行く為に最も必要な存在でしょう。
人体も地球も60%以上が水だとよく言われます。たった数パーセントの減少で死滅してしまうほど
常に保有していないといけない存在です。まず彼のいつもの水の汲み場所は山梨の某汲み場なのですが、
常に人がにぎわう様でした。
しかし僕らが行った夜中に一人で汲んでいたトラックドライバーのおじさんが
『ヘ〜東京からわざわざ!すごいねー!でもここの水、塩素入ってるでしょ?』

勿論一般的な日本の水道水は塩素が入れられています。

水の消毒
http://www005.upp.so-net.ne.jp/wanatra/Nw3/25disinfection.htm

‪塩素‬
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0


塩素の害
http://www.igakutogo.com/ensogai.html
これらとは別で僕が尊敬するある人が言っていた言葉を思い出します。
江戸末期に日本に来たペリーは下田に上陸した時に
その当時の日本人達の眼光の鋭さにおもわず、
たじろいで数歩さがったと言われてるそうです。それくらいその当時の日本人は民族として強かったのだろう。戦後のGHQの政策で水道水に塩素を多量に入れる事によって、
精神も肉体も弱体化させる事は必至だったのだそうだと。その話は僕にはまんざらでは無いと思わざるをえませんでした。有名な愚民化政策 3S
http://ja.wikipedia.org/wiki/3S%E6%94%BF%E7%AD%96もそうですし、今回の3/11以降の日本人の
状態は、ここに住む当事者としても不思議です。直感だけはいいらしいワタクシではありますが、
マクロビオティック‬
の本を映画ホピの予言を始めて観た日に購入して以来、(15年近く前の話ですが、)
理論的にも哲学的にも感覚的にも影響を受けています。

マクロビオティックの基本
http://www.macro-biotic.jp/contents/kyousitsu/kihon.html

 

その後も世界の政治状況、
もっと言えば大衆をコントロールするシステムは
企業の献金の上に成り立っています。
それらの企業は
食べ物、そして水の管理とても強めていると思います。

詳しくはこの映画を参照


今回の水汲みでも、自然な水を、無料で手に入れるのは
とても大変になっている事が痛感させられました。
その土地を買ったというだけで、その天然の!資源を
独り占めしてしまうのは、どう考えても不条理でしょう。最近知った
ブッシュ大統領の建設会社ベクテル社と、
ボリビアの市民との間で起こった紛争について等。。
http://satehate.exblog.jp/9280562/これでも顕著な様に巨大企業は巨大な資金を元手に
様々な土地を買収し、そこに住む原住民をほぼ奴隷として使っているのは今も
全く
変わりません!
‪Congo’s tragedy: The unspoken holocaust‬
http://www.youtube.com/watch?v=86vzBLZgk8o&feature=related僕が小さい時は水を買うという文化は無く、
もちろん普通に水道水を飲んでいました。
それが90年代くらいからエヴィアンなどを飲むのがオシャレみたいな?
傾向が出来て、クラブなんかでも、そういう外国製のミネラルウォーターが
出回り、そこから今の様な水道水はまずい、飲めない、
という傾向になった気がします。◆ ミネラルウォーターの謎 ◆
http://www.htwojapan.com/water/m-tokusyuu5.html

ちなみに水を汲みに行った僕らは、放射能汚染だけでなく、
塩素という問題にもぶつかり、どうにか塩素が入ってない
ピュアウォーターを汲めないか探したところ、、
見つけました!

地下の巨大な洞窟になっている水脈から引いた
個人のガソリンスタンドを(笑)!

そこのおじさんが、また良い人でタダで良いよ!

と汲ませてくれました!(エライ!)やはり塩素が入ってないお水はなめらかでおいしい!
さてもう一度水のビジネスについて
興味深い文章があったので掲載させてもらいます。ペットボトル入りの水として最大手のボルヴィック。
メーカーはヨーグルト等で有名なフランスのダノン社。
その世界規模での流通を担うのが、
イスラエルを本拠地としたシーグラム社。


元々ウィスキーで有名なシーグラム社は、
ウィスキーの水割り用にボルヴィックを流通させて来た。
日本ではシーグラムと提携したキリン・シーグラム社=現在は改名し、
キリン・ディスティラーズ社が水=ボルヴィックを流通させている。

このシーグラム社は、カナダでハドソン・ベイ鉱業等のウラン採掘を行う
世界有数の核兵器原料メーカー。
核兵器による人類滅亡の危機は、
シーグラム社がウランを売り金儲けするために生み出されて来た。

シーグラム社は、イスラエルではイスラエル・スーパーマーケットと言う
流通業として有名。

一方で、イスラエルの核兵器、ミサイル、高射砲を製造する
軍事産業スペース・リサーチ社の経営者がシーグラムである。

長年黒人を奴隷としてきた南アフリカで、
黒人を支配するためにマシンガン、ピストル、銃弾を
製造してきた南アフリカの軍事産業アームスコ社の経営実体は、
スペース・リサーチ社=シーグラムである。
南アフリカにミサイル技術を与え、核兵器開発を「指導」してきたのが、
このスペース・リサーチ社=シーグラムである。

世界最大の火薬メーカー=デュポン社が、
火薬の生産を止めれば世界中で戦争がストップし、
戦争で死ぬ人間が居なくなるが、デュポンは火薬の生産を金儲けのために続けている。
このデュポンの最大株主として経営を担っているのがシーグラム社。

シーグラムの兵器工場はブリュッセル(ベルギー)にある。
ベルギーのソシエテ・ジェネラル銀行がシーグラムの共同経営者である。

イスラエルでパレスチナ人の殺害を止めようとしないテロ組織
イルグンの活動資金は、シーグラム社から出ている。

シーグラムの経営一族ブロンフマン家はマフィアであり、
ブロンフマン一族の殺した人間の数は
イスラエルのアイゼンベルグ一族と並び、「世界最高峰」を競っている。

ブロンフマン一族は、初代からベルギー貴族ランベール一族と血縁関係にある。
世界最大のメディア企業AOL・タイムワーナー・ランベールの経営一族である
(現在AOLだけ分離状態にある)。
銀行リーマン・ブラザースと一体化して、
ランベールはCNN・TVを経営している。
ランベール=リーマンからライブドア堀江は資金提供を受けていた。

80年代、米国に吹き荒れた「企業乗っ取りの嵐」の中心となった銀行
ドレクセル・バーナム・ランベールが、
このブロンフマン=ランベール一族の銀行である。

EUの設立当初の本部は、ブリュッセルのランベール銀行の重役室に置かれていた。
EUを「誰が作ったか」をそれは明確に示している。
米国に対抗して、EUに何等かの期待を抱く事が幻想である事が分かる。

ブロンフマンのマフィア帝国は、
表向きカナダの企業コングロマリット=ブラスキャンという形を取っている。

現在、日本に上陸している世界最強の「乗っ取り屋」
ブラックストーン・グループは、このブラスキャンの末端企業である。

ボルヴィックの水を飲む事で、その水販売の利益は核兵器開発に使われ、
我々は人類滅亡に貢献する結果になる。
日本企業が「乗っ取り」の危機に立たされるその乗っ取り資金は、
我々がボルヴィックの水を飲む事で生み出されている。
我々は自分で自分の「首を絞めている」事になる。

このシーグラム社が、現在世界中の水道事業の買収を開始している。
買収した水道の料金を「つり上げ」、高い料金を払えない人間は
「生命の源」である水さえ飲めないという事態になっている。
オルタナティブ通信
から転用核産業と水ビジネスももちろん繋がっています。鬼塚英昭
という作家の本をブラジルで読み終えましたが、
今まで自分が体験し、調べて来た事がいろいろと繋がるところがあり、
まことに残念な事ではありますが、
納得せざるを得ないと最近つくづく思います。3/11以前は、
いわゆる陰謀論は片隅に追いやられていましたが、
その後
世間でもやっと、その巨大なシステムが認識されてきた様です。それはもちろんそれらのコントロールは、
この最近始まったわけでは無く、
脈々と継承され、拡大してるのです。

まるで世界中にコカコーラーやマクドナルドが普及してる様に。
(東京では駅のあるところはどこにでもマクドナルド。
コカコーラの販売機は田舎の田んぼの横にすら。)

徐々に認識していきましょう。
つらい事実ですが、
闇から目を背けてはいけません。
それに背を向けた途端、
闇は背後から襲ってくるのです。

‪昭和天皇「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます。」‬








日本赤十字社



日本赤十字社と天皇財閥
http://demosika.blog35.fc2.com/blog-entry-495.html

赤十字活動の裏で繋がる世界の皇族たち
http://www.rui.jp/ruinet.html?c=400&i=200&m=211511



毎回になってますが、重い話ばかりですと
なんなんで。。


先述したDAIが撮ってくれた
前回のMOVEMENTSの写真を掲載します!
Respect all the people
Love always
参加してくれたみんな、
来てくれたみんなどうもありがとう。この日は
この言葉を心の中で繰り返していました。
可能性にたいして頭を閉じてはならない
Never close your mind to possibilities.
そしてほとんど寝ずに行った国会議事堂包囲デモ!
国会を囲むアクションは警察がそれを
(申請を、国民の要望を)認めず、かなわず、不完全燃焼でした。
(ある意味日曜の国会に集まる自体で不完全ですが、)
ともかくギャーギャー叫ぶデモでは無く、
もっと静かに、その気持ちを
皆で共有し、デモンストレーションしたいなと痛感しました。
(その日は原発だけの問題でなく、
被災して多くの方が亡くなったという日でもあるので)

ストレスが皆溜まってるのは当然ですが、
そこで発散するのはかえって、大衆を二分化してしまいます。
もっと皆が共有出来るスタイルが絶対あるはずだと思います!
ただでさえ協調性が無いに等しい
自分ですが、ほんとは一緒に歩くのもやなのに、、
デモに行ける時は行ってます。。原発に反対してるというだけで1万人が歩調が合う訳も無いのですが、、
まったく手法が合わず、、
また人間に幻滅していましたが、、、
ですが!次の日にネットで見つけた、、
これらを観て、思わず目頭が熱くなり、
涙がぽろぽろ。。
なんで泣けてくるのか、自己分析してみると、、
おそらく世の中の大半は自分の事しか考えず、未来や、
虐げられている人の事も考えず、
ましてや行動なんてするのは、相当なお人好しとしか思えません。
ですが自分も東北に何回か足を運び、
不条理な政策や、不条理な災害で、
全てを失った人達を観てしまったので、
彼らの事を想うと、さぞや今でもつらいだろうと、
いつも思うのです。
よっぽどの物好きでない限り、僕の様に
デモなんかしたくないと思います。
それでもこんなに皆が真剣に社会の為、人のため、
未来の為に行動してる事に感動してしまったのだろうと。。
一応分析してみました。。。ハイ


世界中でも

少し嬉しくなりました。
当たり前に考えれば、誰も原発の近くに住みたくないし、
原爆も落とされたくもありませんし、
変な物が入った水を飲んだり、食べたり、
注射されたくありません。
愛する子供=未来の為にも
(最近思考がMJ化してる様な。。)

こうやって廃炉に出来る事を
イメージしましょう!

BABYLON CHANT DOWN
!!!!!!!

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr