NO.091 遺伝子操作?

Nov 14, 2012


こうした展開というのは、
宇宙では
普通に起こっていることなのかもしれない。
恒星のまわりを回転する、
新しく形成された惑星の上に
生命がゆっくりと誕生する。

万華鏡のような多彩な生命群が進行していく。知性を持った生物が現れ、知性がその生物にとっての
ー少なくともある時点まではー
巨大なサバイバルバリューとなる。

そして、その生物は『テクノロジー』というものを生み出す。
彼等は『自然の法則』というものの存在に気づく。

それは『実験』によって明かすことができる法則であり、
それを理解することで、それまで実現出来なかった規模で
生命を扱うことも出来れば、終わらせることもできる、
ということも知る。

科学のもつ強大な力を知るのである。

そしてあれよあれよという間に彼等は
世界を変貌させてしまうようなものを生み出してしまう。

中には先見の明をもって、
やって良いこと、やってはならないことを区別し、
制約を課する文明を持つ惑星もあり、
彼等は危機を回避することができる。

だが運に恵まれなかった文明、
あるいは慎重さを欠いたものは滅んでいく。

“Why the future doesn’t need us”
ビル ジョイ(サンマイクロシステムの創業者のひとり)

20世紀、西洋欧米帝国主義はABC兵器、
すなわち
原子爆弾(Atomic)、生物兵器(Biology)、化学兵器(Chemical)
などを蓄積して、
全人類を何万回も皆殺しに出来るくらいの戦力を構築した。

21世紀、西欧欧米列強主義はABC兵器を保持しつつ、
さらにその上にGNR兵器を作り出すという。

Gは遺伝子工学兵器、

Nはナノテクノロジー
(ナノは10億分の1メートル。
ナノテクノロジーとは、原子を一個単位で操作する意味)

Rはロボット工学的兵器。


GNR技術を巡る兵器開発競争こそはおそらく、
人類最大の危機となろう。』

“Why the future doesn’t need us”
ビル ジョイ(サンマイクロシステムの創業者のひとり)

遺伝子工学‬

自らを絶滅させる遺伝子組み換え蚊を放ったところ、
85%の蚊を減らすことに成功(ブラジル)


暗闇で光る猫にサソリの毒を持ったキャベツ……
遺伝子組み換えで生まれた奇妙な生き物12種類


モンサントに「2011年の最悪の企業」の烙印

モンサント遺伝子組み換え ‬‪#TPP で農業を自殺に追い込む?
#特許 #ACTA‬


遺伝子操作と世界支配

ついに遺伝子組み換え赤ちゃんが生まれてしまいました!

人類は遺伝子操作で作られた。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Tumblr