NO.159 Live&DJ in Europe on May 2018 ベルリン編

Jun 24, 2018

ベルリンは今回は特にGIGは無く、
テルアビブへのトランジットとして一応2泊滞在。
実質は40時間くらいしかいなかったけど、、、

京都のSoft繋がりで20年以上の付き合いになる友人のMIKI AKOちゃんのスタジオでお世話になる事に。

(彼女の作品は素晴らしいので是非チェックしてください!)
http://www.kala.space/
https://www.facebook.com/kalamirrorwork/

こちらも何人かでシェアしている巨大なスペース。

ドイツ人は女の人も大きく、
棚の上に冷蔵庫が載っていて
自分的にはかなり良さそう!

腹減ったという事で
近くにあるギリシャ料理屋。
相当アタリだった。

ベルリンではギターや楽器と酒を
一緒に売ってる店を何回か観たが、
最初は楽器屋で途中からメインが変わってきたと
推測する。

にしてもビールの本場、もの凄い種類。

次の日は近くのファラフェル屋で朝食をゲットし、、

天気もいいのもあって
気持ちEEEE

そして偶然近くでカーニバル!
ということで、、


https://youtu.be/ScXQwu5p9ho

いい感じ。
個人的には本場のブラジルやらカリブの
カーニバルを観てるのもあり、
比較は出来ないが、見かけもヨーロピアンな人達が
熱心に第三世界化してるのは興味深い。
日本もそうだよね。

ともかくMalka Tutiの

https://www.facebook.com/malkatuti/
https://soundcloud.com/malka-tuti

Katzeleとの待ち合わせがあるので、、

リオン以来
合流!

リリースの精算をして
現金をもらいw
乾杯して4時間近く、
いろいろ話せた。

ちなみに
Malka Tutiのレコードも大量に頂いた!

     

ちなみにJAKAMとして出した作品はこちら


どれもデザインもいいね!

また再会を誓いつつ、、

ミキアコと合流して
ベルリンの壁付近をプラプラ。

全体的にユルい。
アーティストが住みやすい場所だと言うのは
よーく分かる。

そして
やはりケバブ/チョルバ屋に。。

屋上にあるクラブにも連れて行ってもらった。

 

話題のVooDooHopなども使ってる場所らしい。
優雅。

そして
次の日起きてすぐ、

トルコでのレコーディング、ライブ以来の
クルド人パーカッショニストHogirと合流!

Hogir(ホギール)とは5年ぶり?会えて、
一度ベルリンまで送ったCDが返却されてきたのもあり、
今回改めて直接渡せて嬉しかった。
また音楽を一緒にやる事を誓い、

ちなみにホギールが
『俺も最近エレクトロニックなバンドやってるんだ!
そういうの面白いね!』
って言っていて、
そのバンドのRMXをRicardo Vilalobosがやっていたり!



ちなみにRicaldとは昔メタモルフォーゼという野外パーティーで
少し絡みましたw

繋がってきてる!嬉しい!

いよいよ
イスラエル!

ドキドキ