NO.204 戦慄の光景

Mar 25, 2019

先日早朝にサクッと縄跳び300回やりに
近くの公園に行ったら、
明らかに70歳くらいの老人が、
独りでシャドウキックを繰り返しているのを観て
戦慄が走った。

自分は今まで老人になったら、
きっと平和が訪れ、
ゆっくり死を受け入れながら過ごせるのだろうと
過信していた!!

なんたる不覚。

老人になっても戦いは終わらない。

戦争反対と叫ぶのも良いかもしれないが、
自分が尊敬する中村哲氏曰く
「自分の身は自分で守る。
誰かに守ってもらおうとする魂胆は男らしくない!」
そんな事を思い出し、
ふんどしの紐を結び直したのであった。