JUZU a.k.a. MOOCHY /Over The Sea, Into The Blood EP
KOKO-060

SIDE X
01. SPIRIT RISE 05:42
02. COLORS 06:17
SIDE Y
01. MAMA LELE 05:03
02. YOU 08:38
ORIGINAL ELEMENTS:
Voice : Zeke Nealy
Kora & Voice : Karamo Cissokho
Percussions : Latyr Sy
Violin : Kyoko Oikawa
Sax : Takehide “Kids” Hashimoto
Trombone : Ken Ken

------------------------------
Recorded, Arranged, Mixed & Produced by Takashige J.A.K.A.M. Miyawaki
Recorded by JEBSKI
Recorded by Urban
Mastering : KabaMix
Picture : Witness
Design : sati.
Special Thanx : e-mura,sinkichi & Yas Inoue & Ayazones
Buy at Bandcamp
Poem : Zeke Nealy
Translate : Satoko N

X-01. Spirit Rise

Surrounded by ancestral auras
先祖代々のオーラに包まれて

On foreign but familiar lands, of dreams and time
私は見知らぬ、しかし親しみのある土地にいる
そこは夢でみた場所、夢で過ごした時間 

Rooted in spheres of sacred psalms
神聖な聖歌の天体(地球)に、私は根をおろした

That imbues life with form, dimension, and texture,
それは、様々な形、寸法、素材に命を吹き込む

Living on the edge of mist-filled mountains,
(スピリットは)霧に覆われた山岳の頂上に生きる

Wading in waters deep as the sun.
(スピリットは)太陽の様に深い水の中を進む

Feeling the earth shaking beneath
the canopy and rumblings of justice,
天蓋(空)の下で、私は地球の震えを感じる
その震えは正義の行進

The murmur of equality worldwide,
世界中に広がる 平等へのざわめき

Shifting like clouds on a gentle and warm, firm breeze...
それらは 優しく、あたたかい雲のように、
時には強風となって移ろっていく

Let there be peace and love like stars in the sky
空の星々の様に、平和と愛を願う

Shining in the blackness of the cosmos
(スピリットは)宇宙の暗黒に輝く

Beaming their energy to our hearts and our minds
彼ら(スピリット)のエネルギーが私達のハートと精神に
光を当てる

Spirit rise spirit love
スピリットが私に力を与える スピリットが私を愛する

Spirit is everything
スピリットはすべて

Still here on firm land
確固としたこの地に私はいる

X-02. Colors

Poems of love igniting
愛の詩は発火している

Torchlit skies burning
たいまつの明かりが空を燃やしている 

Walls of protest uprising
抗議の壁が立ち上がる

Against blue violent murder and genocide
警察、政府の暴力的な殺人と集団虐殺に抵抗して
 ※Blue violent : 警察、政府を比喩

Shutting down all forms of gentrified normalcy
富む者によって(貧困層から)
奪われるすべてのものを閉鎖する

Business as usual no longer stand to declare
人々の抗議によって、日常生活はもはや機能しない

Innocent the fallen lives of my people...
(警察、政府によって)命を落とした私の仲間達は、
非暴力だった

Was only a matter of time
(抗議は)時間の問題だった

That screams of injustice resounded world wide
不正義であることの叫びが世界中に響き渡る

Our cries of freedom will make justice prevail...
我々の自由へ嘆きが正義を広げていく
Was only a matter of time
時間の問題だった

Was only a matter of time
時間の問題だった

Before the seeds changed
種が育って変化するように

注釈:個人個人が行っていた抗議や不満の声が
どんどん大きくなって、それが爆発し社会問題となる。

Was only a matter of time
時間の問題だった
before the sun changed it's Equinox
太陽が春分になるように

Was only a matter of time
時間の問題だった

A ida modanse, a ida modanse
sheki sheki...

When sky becomes water...
空が水になるとき
sheki sheki

A ida modanse, a ida modanse,
sheki sheki

kawo kabeyesile

kabeyesile oh

The many ways of love are open sky
様々な愛の表現は、広大な空 、

Ocean deep waist high and phenomena
心地よい程に深い海、 そして神秘に満ちている

注釈:Ocean deep waist high
溺れる程ではなく深さを感じられる水位とのこと。

like rolling curling silvery bubbly clouds of happiness
(様々な愛の表現は)まるで幸せの雲が、転がっているように、
カールしているように、銀色に、泡立っているように。

the faces of love unforgettably bright,
(人々の)愛に満ちた表情は忘れ難い程に輝いている

their alluring aqua, yellow, green, brown and red,
shades of splendor
blossom and move undetected,
それは、魅力的な青、黄色、緑、茶色、そして赤
(の様々な肌の色、人種、性別、文化を指している。)、
美しく輝く色彩は、知覚できなくとも花開く。

Modanse, a ida modanse,
sheki sheki

kabeyesile kabeyesile

the faces of love unforgettably bright
(人々の)愛に満ちた表情は忘れ難い程に輝いている
red, brown, yellow, green, aqua
赤、茶色、黄色、緑、青

Evading time,
時間をくぐり抜ける

lighting fires on thirsty, dry, parched Land
(政府、体勢によって)乾き、乾燥、
干上がった土地に炎を放つ
注:炎を放つ→人々を啓発するという意がこめられてます。

until the end of suns and moons and starry nights...
太陽と月と星空の夜の終わりまで

A ida modanse, a ida modanse,
sheki sheki

Chango alaba nibo de..

kawo kabeyesile

Y-01. Mama Lele

Mama lele, mama lele wa...
ママ(女性らしさを象徴する存在)一緒に歌いましょう

You were always a magical being
あなたはいつも魔法のような存在だった

that smile and that twinkle in your almond eyes
あなたのアーモンドのひとみの微笑みとまばたきは

glowed like a thousand suns,
千の太陽の様に輝く

life was art in motion, adventurous, exciting,
命は絶えず展開していく、冒険、興奮のアート

rough at times but always love.
辛い時もあるけれど そこにはいつも(ママの)愛がある

The flower garden you kept filled with gladiolas,
mysteries, mums,
あなたがグラジオラス、神秘、菊で満たした花園

the music you liked told stories of the deep waters
you carried inside,
そして、あなたが好きだった音楽は、
あなたのスピリットに宿した深い水(知恵)の物語を語った

your strength grew out of a love made of blue daylight,
あなたの強さは、青い日光による愛から発生した

your love defied gravity,
あなたの愛は重力をものともしない

it derailed time, it was scary how you could do those things.
時間をも狂わせる、あなたがなし得たことは
どんなに素晴らしいことだったろう

Life was weightless when I was around you....
命は無重力だった 私があなたと共に過ごしていたとき

Mama lele, mama lele wa....

You were always a magical
あなたはいつも魔法のようだった

that smile and that twinkle in those almond eyes
あなたのアーモンドのひとみの微笑みとまばたきは

glowed in the dark like moon beams
月の光線の様に闇に輝く

The flower garden you kept filled with your love
あなたの愛で満たした花園は

told mysteries you carried inside
あなたのスピリットに宿した神秘を語った

as the waters deep as the ocean
深い水のように、(深い)海の様に

your love defied gravity,
あなたの愛は重力をものともしない

it derailed time, it was scary how you could do those things.
時間をも狂わせる、あなたがなし得たことは
どんなに素晴らしいことだったろう

My life was weightless when I was around you....
私の命は無重力だった 私があなたと共に過ごしていたとき

Y-02. You

You…
あなた
yes you
そう、あなた
you are every raindrop, dew on early morn green grass,
あなたは 朝焼けの芝生に降り注ぐ 雨粒、しずく
every river snaking and reticulating along banks of red,
slate, purplish earth,
赤い岸辺に沿って,ネズミ色と紫がかった地層の大地をうねり、
横に移動する全ての水流

you are oceans of songs
あなたは 歌の海原

and waterfalls of love
そして 愛の滝
you make sky and clouds happy....
あなたは 空を、雲を幸せにする
yes you
そう あなた

Une chante pou nou
あなたに捧げる歌
My love
私の愛しい人よ

Before you woke up there in a brief momentary sequence,
あたなが目覚める前に そこには かすかな瞬間のつながりがある
dreams came to life, love arose like morning's breath....
夢が現実になり 愛が生じる 朝の呼吸のように

Une chante pou nou
あなたに捧げる歌

Love on the darkening landscape,
kisses the clouds

暗闇迫る大地を覆う愛
雲にキスを


reddening a passionate sky in anticipation of your arrival,
あなたの到着を待ち焦がれて 情熱的な空を赤く染める
quietly waiting for your sun...
あなたの太陽(光)をじっと待つ

une chante pou nou
あなたに捧げる歌

A season of sun, moon,
太陽と、月の季節
starshadow wrapped in the loveliness of you,
星の影が あなたの愛らしさを包む
traveling through a universe of hearts, minds, souls,
宇宙のハート、精神、魂を 旅する


igniting time,
光を放つ時間
igniting joyous dreams with the ecstasy and nectar of love,
光を放つ喜びの夢  恍惚と愛の美酒とともに

a love that lives in all living things.
すべて生命に宿る愛
A love that's so divine...
とても神聖な愛

une chante pou nou,
あなたに捧げる歌


You are absolutely beautiful, beyond the imagination
あなたは無条件に美しい 想像の域を超えて

you are absolutely the cosmos,
you are the matter that makes dreams
あなたは完全な調和の宇宙、
あなたは夢をつくり出すもの

You are now walking in the heavens shining light
on a billion clouds,
あなたは 今 一億の雲が輝く天上界を歩いている 

dancing slightly above the horizon,
casting a rich blue backdrop,
豊かな青を背景にして  地平線の上をきゃしゃに踊る
while gathering silver suns into the folds of your arms,
銀色の太陽をあなたの腕の中に抱き寄せながら

and though darkness comes crawling through at night,
夜、暗闇が這い出てきても
your light always remains, your light always remains...
あなたの光は残り続ける  あなたの光は残り続ける


une chante pou nou
あなたに捧げる歌


Though you might not have known or noticed til recently,
最近まで、あなたは知らなかったのかもしれないし 
気づかなかったのかもしれないけれど

and I don't know why
そして私もどうしてなのかわからない

because it has been so obvious for the past 1000 years and more,
なぜなら、(あなたを思い続けて)1000年以上の時が経ったのは明らかで、

so obvious even people in the next galaxy knew already,
たとえ、隣接する銀河に住む人々が既にしっていたとしても、
それ(あなたを思い続けたこと)は明白だ。

but the truth here is simple, very simple and very clear,
I have always been in love with you...
真実はとてもシンプルではっきりしている。
わたしはいつもあなたを愛し続けている

I have always been in love with you....
わたしはいつも あなたを愛し続けている

Une chante pou nou
あなたに捧げる歌

Mariwo ya,

Ayibobo,

The many faces of love are open sky,
様々な愛の表現は、広大な空

ocean deep, waist high. like rolling, curling,
silvery, bubbly clouds of happiness
海は心地よい程に深く まるで幸せの雲が、
転がっているように、
カールしているように、銀色に、泡立っているように。

The face of love
愛に満ちた顔
The faces of love are unforgettably bright.
愛に満ちた表情は忘れ難い程に輝いている

I have always been in love with you
私はいつもあなたを愛している。


Mariwo ya, Ayibobo

Zeke Nealy

アフロヘイシャンマスタードラマー。パーカッショ二スト、音楽教育家。
幼少期から自身のルーツやスピットを探求し、アフロヘイシャン(西アフリカをルーツとするハイチの伝統音楽、ダンス、歌、儀式、精神性)に出会う。 アフロヘイシャンマスタードラマーとして35年のキャリアを持ち、サンフランシスコを中心に、米国でのアフロヘイシャンカルチャーに貢献。 また、アフロキューバン、アフロカリビアン、コンゴリース他、アフリカンルーツの太鼓および、楽器の演奏にも造詣が深い。
音楽教育家としても、子どもから大人まで様々な年齢、国籍の生徒を指導。精神性を伝える演奏、指導を行っている。 共演には、ディジー・ガレスビー、カルロスアルダマ、カルロスカルロ、ミッキーハ―トなど。


As a young adult at San Francisco State University, Mozel Zeke Nealy began learning Haitian vodou drumming from Rene Calvin, a drummer for Haitian icon Jean-Leon Destine. Now over 30 years later, Zeke plays for Haitian dance classes across the Bay Area, teach regular adult and children percussion classes, and is considered a master drummer by his peers.

In 2008, a contract from ACTA’s Traditional Arts Development Program allowed master Vodou drummer and singer Frisner Augustin to conduct a two week-long instructional sessions with Zeke and other Bay Area-based Haitian drummers.
Karamo Cissokho

カラモ シソコ(カラ) 1997年セネガル共和国ダカールにてマリ帝国時代から代々続くGriot(世襲制の伝承音楽家)の家庭に生まれる。 6歳でダカールの音楽学校に入り、兄弟たちと10人とコラ(西アフリカ発祥のリュ ート型弦楽器)のグループを結成。 1980年、9歳の時にフィンランドのヘルシンキにて初の海外公演を行う。 1994年、ゴレ島に移住し「Africa Djembe」に加入。コラとジェンベを演奏する。 1997年、「Ocean Percussion Company of Goree Island」結成。パリ、イタリア、 アムステルダムなどヨーロッパ各地で演奏する。 その後レゲエバンド「Selebe Yone」 を結成。アルバム「Dounouya」をリリースしダカールやセネガル各地のナイトク ラブで演奏する。

2007年より拠点をアメリカ カリフォルニア州サンタクルーズに移し、 「Koumbemba」を結成。2008年にアルバム「A Tribute To Bakary」を発売。 現在もアメリカ各地で活躍中。


In 1988, at the age of 9, he did his first international performance in Helsinki, Finland. In 1994 Kara moved to Goree Island and joined the group Afriqua Djembe and played the kora and the djembe. In 1997 he founded and led the Ocean Percussion Company of Goree Island and performed in many European cities such as Paris, Italy, France and Amsterdam. He then founded the reggae group Selebe Yoon and released the album Dunia and performed in various night clubs in the capital of Dakar and many other places in Senegal.
He has lived in Santa Cruz, California since 2007. He founded the group Koumbemba and released an acoustic album " A Tribute To Bakary " in 2008.
Kara's new Album Dunia will be released soon in Japan.
Latyr Sy

セネガルゴレ島出身。10歳からアフリカンドラムを演奏し始める。
1998年、トラディッショナルパーカッションバンド「Africa Djembe」を結成し、ソリスト、リードボーカル、リーダーとして活躍。
ネルソンマンデラコンサート、ゴレ国際パーカッションフェスティバル、サッカーアフリカカップ、2002年サッカーワールドカップの開催式典・サッチャー首相やミッテ ラン大統領等の歓迎式典など、 世界各国の首相・VIPの歓迎式典や公式式典で多数演奏。


1995年来日。自らのパーカッショングループ「Africa Sunu xelcom」を結成
1998年、キューバ日系移民100周年記念行事で公演。韓国で開催された 「International Jazz Festival」で公演
2000年、フランス・ドイツ・エジプト・韓国など、各地で公演
2001年、アメリカワシントンDCのスミソニアンミュージアムにて、狂言師 野村万之丞と競演
2001年2002年2003年、African Festaに「Africa Sunu xelcom」で出演
2005年、愛・地球博に参加。The 14th World Samulnori Competition & Festival in Buyeoの出演

パーカッショニストとして、白井貴子・オリジナルラブ・LEYONA・林明日香のバンドや、作曲家のHAGIとの コラボレーションユニット「moonBow」、flying rhythms・likkle Mai等とのライブ演奏やレコーディングに参加。
最近では、studio apartmentの新曲SIARREに参加している。 そのほかにも、Bird、ママディ・ケイタ(ギニア)、大倉正之助(能 大鼓)、仙波清彦(dr perc)、金大換(韓国)、カンサネ(韓国)、キムドクス(韓国)、 リコ・ロドリゲス(ジャマイカ)、Lee tschtee(韓国)などの数多くのアーティストと共演。
レコーディングやコンサートツアーに参加し、民族音楽・ラテン・ジャズ・ロックから日本の古典芸能に至るまでの幅広いジャンルで活躍している。 日立、SAPPORO、HONDA、丸ノ内製薬、ヤマダ電機等の数多くのテレビコマーシャルの音楽を製作。
NHK教育テレビ、ニュース23、世界まる見え、ソロモンの王宮などのテレビ番組にも多数出演。
また、アフリカンパーカッションのワークショップや、全国の小中学校にてアフリカの音楽と文化を紹介するなど、アフリカ音楽と文化の普及に大きく貢献している。

Kyoko Oikawa

アラブ・オリエンタルヴァイオリニスト。
音楽の源流、魂の音楽をもとめ、たどり着いた中近東の音楽手法に傾倒。
岡洋子氏にクラシック・ヴァイオリンを師事。チュニジアのベシール・セルミ 氏、エジプトのアブド・ダーゲル氏およびサード・ムハンマド・ハサン氏に、アラ ブ・ヴァイオリン奏法とアラブ古典音楽理論を師事。
全国各地でアラブ・中近東音楽の演奏、オリエンタルダンスと音楽のコラボレー ション等で活躍する他、CD解説、各種レクチャー、DJやヒューマンビートボクスと の共演などで、オリエンタル音楽とヴァイオリンの表現の可能性を発信。
近年は毎年、エジプト、チュニジア、モロッコ、フランス等に足を運び、研鑽と 演奏の旅を重ねている。


https://manipadme.jimdo.com
Takehide "Kids" Hashimoto

橋本剛秀 サックス奏者。在日ファンク☆.A/NAOITO、KINGDOM★AFROCKSなどのバンドに参加。セネガルのグリオ・Karamo Cissokhoと 『Tribute to Mame Fallow Fall』を自主制作。その他にレコーディングやライブでTony Allen、Brice Wassy、Joe Bataan等と共演する。
KEN KEN

KEN2D SPECIAL / Reality Bites Recordings / URBAN VOLCANO SOUNDS 代表。 TRIAL PRODUCTIONのTb,Vo 担当。 Cocktail Boyzのレフトウィング。 URBAN VOLCANO SOUNDS のアルバムを2019年秋リリース予定。
BACK