ZEN RYDAZ / VEDA RMX2
KOKO-083
01. ZEN RYDAZ VEDA - J.A.K.A.M. RMX
Vocal : Nisi-P
Shakuhachi : Kenji Ikegami
Original Beatz : ZEN RYDAZ
Mix : JUZU a.k.a. MOOCHY
Mastering : YO:AN
Produced by J.A.K.A.M.

01. ZEN RYDAZ VEDA - DO SHOCK BOOZE RMX
Vocal : Nisi-P
Shakuhachi : Kenji Ikegami
Original Beatz : ZEN RYDAZ
Mix : DO SHOCK BOOZE
Mastering : DO SHOCK BOOZE
Produced by DO SHOCK BOOZE

Buy at BANDCAMP
J.A.K.A.M. (JUZU a.k.a. MOOCHY /NXS / CROSSPOINT)

東京出身。15歳からバンドとDJの活動を並行して始め、スケートボードを通して知り合ったメンバーで結成されたバンドEvilPowersMeの音源は、 結成後すぐにアメリカのイラストレイターPusheadのレーベル等からリリースされる。DJとしてもその革新的でオリジナルなスタイルが一世を風靡し、 瞬く間に国内外の巨大なフェスからアンダーグランドなパーティまで活動が展開される。
ソロの楽曲制作としても米Grand RoyalからのBuffalo Daughterのリミックスを皮切りに、Boredoms等のリミックス等メジャー、インディー問わず様々なレーベルからリリースされる。
2003年にキューバで現地ミュージシャンとレコーディングツアーを敢行したのを皮切りに、その後世界各地で録音を重ね、新たなWorld Musicの指針として、立ち上げたレーベルCrosspointを始動。 音楽制作のみならず、映像作品、絵本や画集 のプロデュース、2012年には野外フェスOoneness Camp"縄文と再生”を企画するなど活動は多岐に渡るが、 2015年から始まった怒濤の9ヶ月連続ヴァイナルリリースは大きな話題になり、その年末には4作目のアルバムをリリース、その影響でベルリン/イスラエルのレーベルMalka Tutiから新作がワールドワイドにリリースされる。 2017年、DJ TasakaとのHIGHTIME Inc.、2018年、Nitro Microphone UndergroundのMacka-ChinとPart2StyleのMaLとのユニットZen Rydazの活動もスタート。
同年、J.A.K.A.M.名義の楽曲がフランスのレーベルHardFistからアナログリリースされた流れで3万人の巨大フェスNuits Sonores Festivalでのライブを皮切りにヨーロッパ、イスラエル等のDJツアーが敢行される。 そして2019年、世界的な支持を受けるMinilogue/Son KiteのMarcus HenrikssonとKuniyukiとのユニットMYSTICSの制作が始まり、今年2020年からいよいよ本格始動、 待望のアルバムが近日リリースされるなど、そのオリジナルなヴィジョンがあらゆるジャンルをまたぎ、世界に広がっている。


native of Tokyo, has been one of the leading figures developing music scenes in Japan from the early 90s as a DJ, producer, label owner and a band member. He has been exposed to all genres of music from House, Hip Hop, Drum&Bass, Techno, Reggae, Jazz, Rock to World Music. He combines these inspirations and turns them into a sound that's sort of a fusion of early stage tribal house and world music with a touch of tribal vibes. His one of a kind music offers the most unique experience on a dance floor. From his travel around the world, recording music and DJing, he has extended his fans on both sides of the decks, listeners and artists.

Both listeners and artists alike admire his work in Japan. From contemporary to roots, he delves into new visions of sound and conjures something new. And his style keeps evolving and defies categorization.

He's releasing many works from his label Crosspoint & these labels:
Grand Royal,Werner Japan,Bacteria Sour,Comma,Sound Channel,Natural Resource,Motech,Sacred Rhythm, Hard Fist & Malka Tuti.


http://www.nxs.jp
http://soundcloud.com/crosspoint-1
http://crosspointproception.bandcamp.com/
http://twitter.com/Juzuakamoochy
https://www.facebook.com/pages/JAKAM/1470381709907128?sk=timeline


He has been behind the decks at home and abroad with:
Acid Arab (FR) / Adam Ffreeland (UK) / Alex Patterson (The Orb, UK) Andy Baz (Background Records, Germany) / Asaf Sammuel (islael) / Dego (4Hero, UK) / Fabio (UK) / Francois K (NY) / Fred P(NY) / Foolish Felix (UK) / Grooverider (UK) / I.G.Culture (People, UK) / Jeff Mills (Chicago) / Joe Claussell (NY) Nick the Record (UK) / Moodyman (Detroit) / Panasea (Germany) PHOTEK (UK) / Storm(MetalHeadz, UK) / Suv (Fullcycle, UK) / Q-Bert & Inbisibl Skratch Piklz, Mix Master Mike with D-Styles, Yogafrog and Shortcut (US) / Theo Parrish(Detroit) / Terre Thaemlitz (US/JPN) / Tom Wieland (Vienna) /DJ KRUSH (JP) / Fumiya Tanaka (JP) / Boredoms (JP) / FAUST (Germany) / Dennis Bovell(UK) / Dillinger Escape Plan (NY) / Juno Reacter (UK) /Lee Perry (Jamaica) / LKJ (UK) / Lake Trout (US) / Mad Proffesor (UK) / Mala (UK) / Meat Beat Manifesto (UK) / Merzbow , MMW (US)/ Yakaza Ensemble(Turkey) etc

His style keeps evolving and defies categorization.
DO SHOCK BOOZE (TOTEM TRAXX / GLOBAL ARK)

LIVE ACT、DJ、レーベルオーナー、"YOICHI HAYASHI"の変名音楽プロジェクト『ドウショクブツ』。90年代後半からロック~エレクトロ・バンド等で活動し、 音楽性の幅を広げていった。グローバルな視点を求めて渡欧した後、ロックの影響を受けたハイブリッドなエスニックサウンドを軸に、ボーカルやドラムパッドなどを取り入れた独自の音楽を探求することに没頭。 DO SHOCK BOOZの楽曲はこれまでに、ドイツの名門Traum SchallplattenやResopal Schallware、Snork Enterprises、スペインのBeatfreak Recordings、 ロンドンのBaroque Records、Capital Heaven、イタリアのFrequenza Record、ベルギーのBonzai Progressiveなどのレーベルにライセンスされ、ダンスミュージック・ストア「Beatport」の ヒットチャートやStaff picks、Hype Chartにコンスタントにランクインし、Mixmag Japanや海外の音楽メディア等で取り上げられている。 また、Chris Liebing, RAMPUE, Andrea Oliva, Peter Kirn,Ken Ishii,OSCAR Lなどのトップアーティストのプレイにも使用され、サポートを受けている。 2013年には自身のレーベル、TOTEM TRAXXから発表した12インチレコードが好セールスを記録、ドイツの音楽雑誌 De:Bugなどから多くの評価を集めた。2016年、自らのボーカルや生楽器、 電子音をフィーチャーしたオリジナルアルバム『MODERNIAN』を発表。2017年にはベルリンの老舗レーベル、Resopal Schallwareから12インチEPのリリース、新たなWORLD MUSICの指針である JUZU a.k.a. MOOCHY等、国内アーティストとのコラボレーション作品も積極的に発表。レーベルの音楽、アートワーク、ヴィジュアルなどTOTEM TRAXXのクリエィティヴを監修し、ブランディングを構築中。 Guest Dj Mixでは、TOTEM TRAXX公式のポッドキャスト“TOTEMIX”を軸に、Proton Radio、Insomnia.fm、Framed.fm、Kiss.fm(AUS) 、Kollektiv K(Fukushima Pref.)、 Balance.FMなど多数のラジオ局からONAIR。2018年からは自身の楽曲を中心に自然界との繋がりを意識したサンプリング音、オーガニックなシーケンスを直感的に投入するLIVE ACTとしての活動もスタート。 テクノ・プログレッシブハウス~サイケデリックまで幅広くセレクトし、フロアをコントロールしていくスタイルを得意とする。また、海外DJを含む豪華ラインナップで開催されるアウトドアパーティ〈GLOBAL ARK〉の主宰、 レジデントチームに参加。Doushokubutsuの使命は、トレンドやスタイルに縛られることなく、民族音楽の本質とプログレッシブサウンドの耽美さを失わないテクノミュージックを提示することである。 現在、自身がレジデントと企画を担当するエクスペリメンタル・パーティーシリーズ<MEiYOU>を新たにスタート、鋭意進行中である。

------------------------------
Live act,Dj and Producer Yoichi Hayashi, aka DO SHOCK BOOZE (pronounced: doushokubutsu), is a staple in the Japanese dance music community. As a label boss, he is known for his dynamic vision - heading up his imprint label TOTEM TRAXX which is successfully re-defining a new vein of dance music. He formed the electronic rock band in the late 90's, and expanded the range of his own musicality. After traveling to Europe to seek a global perspective, he devoted himself to music production to explore his own sound. DO SHOCK BOOZE’s sound is inspired by his extensive World travels. Ever since, He has been consistently releasing under Traum Schallplatten, Resopal Schallware, Beatfreak Recordings, Baroque Records, Snork Enterprises,Capital Heaven, Frequenza Record, Bonzai Progressive, Aenaria Tribal, Hypnotic Room, Plus Records, BassWorks Recordings and more.His works are consistently ranked in the top 100 chart / staff picks of the dance music store "Beatport", and it is picked up also in overseas music media etc. In 2013, 12 inches announced from TOTEM TRAXX, which he is presiding, recorded good sales. As a result, It was able to gather a lot of evaluations from German music magazine De: Bug. In 2016, he announced his original album "MODERNIAN" featuring his vocals, raw instruments, electronic sounds. In 2017 he released 12 inch EP from a long-established label in Berlin, Resopal Schallware. His music is gaining a lot of support from international top artists and DJs such as Chris Liebing, RAMPUE, Andrea Oliva, Peter Kirn,Ken Ishii,OSCAR L just to name a few. Besides, actively collaborating with domestic artists such as JUZU a.k.a. MOOCHY. He supervises the creative of TOTEM TRAXX's music, artwork, visuals and so on, and builds its branding. He is giving DJ MIX to many radio stations such as TOTEMIX, Proton Radio, Insomnia.fm, Framed.fm, Kiss.fm (AUS), Kollektiv K (Fukushima Pref.), Balance.FM and so on. In 2018, he also began activities as LIVE ACT. It is a style of intuitively playing rich percussion, organic sequence and tribal vocals that is conscious of the connection with the spiritual world along with the original tracks. In addition, he is providing an open air rave party to be held at a luxury lineup including overseas DJs. DO SHOCK BOOZE's mission is to present techno music that does not lose the essence of ethnic music and the aesthetics of progressive sound, ignoring trends and styles. Currently, he is progressing an experimental party series, which he himself is in charge of resident DJ and planning.

http://doshockbooze.com

Nisi-p (part2style)

日本を代表するベースミュージック・クルーPART2STYLEのメンバー。 クルー内では、主にMCとプロデューサーを務める。オールドテイストなサウンドシステムスタイルのMCを特徴とするが、 幅広い音楽経験によって培われたそのスタイルは、もはやオリジナルとなっている。
KENJI IKEGAMI

地無し尺八 製管師 / 演奏家
2004年頃より日本各地に古来から伝わる曲 虚無尺八(古典本曲)をライフワークとして尺八を始める。
その後虚無尺八を中心として、インプロビゼーションやドローンミュージック等 原始的な手法を取り入れ、音源制作・トラックメーカーへの音源提供・演奏活動を行う。 また2010年からよりオリジナルを求め、尺八製作を開始。8年の修行を経て2018年「池上銘地無し尺八」を立ち上げる。自然の響きに焦点をあて製作される池上銘は、濃密で有機的な倍音を生み出し、 古典本曲演奏家に評価されている。現在、竹林をゼロから作るプロジェクトも始め、自然を通した音作りの幅を広げている。

Jinashishakuhachi maker & player
Kenji Ikegami started playing shakuhachi since 2004, with playing Komujakuhachi(Honkyoku), as his lifework.
While he focuses on the komujakuhachi, his music performance incorporating primitive music techniques,improvisation, and drone music. He also provides these sound sources to track makers. For seeking more original sounds, he started making shakuhachi.After eight years of craftsmanship training, he started his original shakuhachi brand "Ikegami Meiji Jinashi" in 2018. Each Ikegami Jinashi is handcrafted, focusing on producing the bamboo's natural sounds. Ikegami Jinashi creates an organic sound full of brilliant richness and depth when you play the instrument and has gained recognition by Shakuhachi Honkyoku players.
Currently, he has started a project to make bamboo forest from scratch and expanding the possibility of creating sounds from nature.

https://www.facebook.com/100024214220275
https://www.ikegami-jinashi.com
ZEN RYDAZ

NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのMACKA-CHIN、PART2STYLEのMaL、JUZU a.k.a. MOOCHY ことJ.A.K.A.M.
2019年 それぞれのフィールドで20年以上活動してきた同年代の個性派3人が、満を持してジャンルを越え”ZEN RYDAZ”として遂に動き出す。
WORLD MUSICをテーマに、メンバーが旅して得た世界観、常にアップデートされていく其々の感性、追及から生まれるスキルを結集し、21世紀的ハイブリッドサウンドver3.0としてここTOKYOでクラクションを響き渡らす。
MADE IN JAPANの島リズムが生み出すZEN SOUNDはバウンシーでドープそして自由な発想と飽くなき音楽魂を”禅FLAVA” に乗せ、大空高くASIA発のニューライダーズサウンドとして言葉を越え世界にアップデートされたWORLD MUSIC を送信中。
https://zenrydaz.tumblr.com/
BACK